Lines & Agency 2018
solo exhibition, planning - E.V.E Communications Group Co. Ltd.

Lines & Agency −糸の振舞い−
文 = 沢辺満智子(社会学博士、学習院大学客員研究員)、田中さお(アーティスト)

この空間には、一つの着物と、その着物の「あったかもしれない別の姿」が展示されている。

その着物を構成するものは、かつて自らの内に色を閉じ込めた無数の絹糸たちである。色を纏った絹糸たちは、一つ一つ、織機の中で規律的に並べられていく。そうした時間の積み重ねの中で、絹糸は線から面になり、私たちの身体を包む着物として生まれた。

ここで黒田恭章は、その着物が誕生するまでに抱いた時間を遡って、面を作り上げている絹糸たちの記憶を解放しようとする。 展示された黒田の作品たちを構成している絹糸は、着物に使用された染料、媒染剤とほぼ同じ原料を使って染色された。しかしながら、黒田の作品として現れた「あったかもしれない別の姿」は、彼らの双子でもあるはずの着物とは、その姿形を別にしている。双子の誕生へ寄せた私たちの予測は、裏切られる。
だが、黒田がもっとも意図したことは、そこにあるのだ。私たちの抱いていた予測が、いかに限定的でしかないのかと、問いかける。

一つの染料が潜めている世界は広く、自由だ。その世界を完全に捉え、コントロールすることなど出来ない。ただ私たちに許されたことは、蚕が吐いた白く無垢な絹糸に、その未知な世界で戯れた痕跡を記録させることであり、その記録を色として受け取ることである。であるならば、色を記録させた絹糸を一つ一つ並べ、織り上げることを通して築かれた面は、絹糸たちの記憶にある、未知の世界の見取り図にはなっているのかもしれない。

一つの着物と、その「あったかもしれない別の姿」たち。
異なる時間と名前を抱えたモノたちだが向かいあったとき、モノのなかに並んだ絹糸 たちは、つかの間、時間から解き放たれる。 色を纏った絹糸たちが、互いに働きかけ、探し合い、共通の記憶に向かって振舞い始める。

−それぞれの使用染料と媒染剤の組み合わせ

・紬
 茜     × アルミ × 鉄(2回の媒染)
 ログウッド × 鉄
 コチニール × 鉄

・homograph
 紬と全て同様

・h/o/m/o/g/r/a/p/h
 紬で使用された染料と媒染剤の組み合わせを切り離し、新たな再編を行った。
 茜     × 無媒染(無媒染とは媒染液を使用しない染料のみの色)
 茜     × アルミ
 ログウッド × 無媒染
 ログウッド × アルミ
 コチニール × 無媒染
 コチニール × アルミ

Lines & Agency  2018 solo exhibition, planning - E.V.E Communications Group Co. Ltd. @青山とみひろ
homograph  2018

homograph 2018
nuturally dyed silk threads 90 x 160cm

homograph  2018
h/o/m/o/g/r/a/p/h 1,2,3,4  2018

h/o/m/o/g/r/a/p/h 1,2,3,4 2018
nuturally dyed silk threads each 40 x 45cm

h/o/m/o/g/r/a/p/h 6,7,8  2018

h/o/m/o/g/r/a/p/h 6,7,8 2018
nuturally dyed silk threads
each 22.5 x 22.55cm

h/o/m/o/g/r/a/p/h 5  2018

h/o/m/o/g/r/a/p/h 5 2018
nuturally dyed silk threads 53 x 53cm